相武台脳神経外科の頭痛外来について

薬で頭痛を治すことはできません

頭痛があり、定期的に薬を飲んでいるという方は多いと思います。しかし、頭痛薬は症状を抑えるためのもので、根本的な原因を解消してくれるわけではありません。このような、症状を抑えるだけの治療を「対症療法」と呼んでいます。薬を飲み続けると少しずつ効き目が低下していき、一方で副作用によって身体が蝕まれていってしまうこともあります。身体を薬漬けにしてボロボロになってしまう前に、頭痛の原因そのものを解消する治療を始めるようにしましょう。

頭痛を治す方法はあります

頭痛は体質によるものだから治せない、仕方がないと諦めてしまっていませんか。そして、薬を飲むしかないと思い込んでいませんか。薬に依存せずに根本から頭痛を治す方法はあります。もちろん医学は必ずすべての人を治せると100%の効果を保証することはできませんが、実際に当院では多くの方が薬から抜け出し、頭痛の悩みから開放されています。

治療の進め方

1ご予約
お電話で、頭痛外来をご希望されていることをお伝えください。(予約なしでも構いません)
2ご来院
保険証を忘れないようお願いします。
3問診票
頭痛の症状や生活に関することをご記入いただきます。
4問診、検査
まずは頭痛の原因として、脳卒中・脳腫瘍・髄膜炎など、すぐに命に関わるような病気がないかを調べます。
5治療計画の作成
治療をする際に重要なのは、薬の位置づけです。全く薬を飲んではいけないということではありあませんが、薬は一時的に症状を和らげるものであることを理解し、依存しないように注意しなければなりません。薬でつらい症状を抑えつつ、根本的な原因を解消していく治療計画を考えていく必要があるのです。
6治療
頭痛の治療は、何かをすればすぐに終わるというものではありません。場合によっては生活のあり方を見直し、長期間かけて身体や心の状態を変えていくことが必要になることもあります。私たちは患者さんが現実的に取り入れられる治療をご提案しますので、焦らずに、そして諦めずに、最後まで治療を続けていきましょう。
相武台脳神経外科 OFFICIALSITE 診察室 延長戦 YouTubeチャンネル YOUTUBE
ドクターズファイル タカラボ